総量規制と消費者金融のローンの組み方

最近の消費者金融の大半はネットを利用して申し込みをすることで、来店不要、即日融資と言った魅力がある会社が増えていますが、貸金業者に含まれる消費者金融には総量規制が在ります。
総量規制は年収の3分の1を超えた貸し付けを禁じるもので、合法での貸し付けを行っている事からも、融資を受ける事が出来る金額の最大額は年収の3分の1未満になります。
また、年収の3分の1未満と言っても、他社からの借入が在る場合には、借金総額が差し引かれる事になるため注意が必要です。

総量規制には年収に対する制限だけではなく、希望額が50万円を超える場合、希望額と借金総額が100万円を超える場合には年収証明書類の提出が必要になります。
借金がゼロの人が消費者金融で30万円を借りたいと言った場合には証明書類は不要ですが、希望額が50万円を超える場合や借金を含めた希望額が100万円を超える場合には事前に書類を用意しておくことでスピーディーな対応をして貰う事が出来ます。

尚、消費者金融は銀行と比較した場合、審査に通り易いなどと言われていますが、個人信用情報に問題が無い場合に審査に通り易いと言う意味になります。
また、審査に通るかどうか不安と言う人も多いかと思われますが、ローンの組み方を考える事で審査に通り易くなります。
申し込みをする時に希望額を少なめにしておく、申し込み後定期的にお金を利用し、返済も遅延することなく行い、1年ほど経過した時に増額審査を受けると言う方法も審査に通り易いローンの組み方の一つです。


Comments are closed.