債務整理しない人、債務整理した人

現在多重債務で苦しんでいる方は、100万人以上いるともいわれています。
それでも債務整理を行わずに、なんとか自力で返済を行おうと考えている方もたくさんいらっしゃいます。
債務整理の利用にためらいを覚える方が多い半面、これまでの苦しみから解放されるのも債務整理です。
そこで債務整理を「利用しない人」「利用した人」の気持ちを、項目別にみてみましょう。

○費用面

・利用しない人

ただでさえ返済に苦しいのに、債務整理の費用なんて準備できるわけがない。

・利用した人

依頼を受ける弁護士事務所も、お金に苦しんでいることは理解しています。
いきなり報酬を支払うことを要求されることはありません。
これまで利息支払いに苦しんでいたことを考えると、費用も安いと感じるのではないでしょうか。

○家族にばれるのが不安

・利用しない人

家族や知り合いに借金のことがばれて、後ろめたい思いをしてしまう。

・利用した人

家族や身内にばれないように配慮してもらうことも、もちろん可能。
書類のやり取りも無地の封書でしたもらえたり、携帯電話にのみ連絡してもらえたり、きちんとした配慮を受けることが可能です。

○弁護士の選び方

・利用しない人

どこの弁護士事務所に相談すればいいのかわからない。
悪徳弁護士が怖い。

・利用した人

多重債務の相談は、初回無料相談がほとんどです。
まずは無料で相談してみて、実際に話をしてみることで判断できるのではないでしょうか。
親身になってくれる先生に依頼することで、安心もできるというものです。

債務整理の弁護士費用からメリットデメリットを暴く!【債務整理ファイター】はこちら

Comments are closed.